転職サイトやエージェントは転職を支援している会社なの?

転職を支援する自治体があるようです。
人口減少が進んでいる地域では、働き手が少ない業種もあるようです。
特に農業や漁業などは、国の自給率にもかかわる問題です。
各自治体も就職や転職を積極的に支援しています。
過疎が進んでいる自治体では、独自の転職、就職支援セミナーを開催しUターン就職やIターン転職を支援しています。
自治体で支援セミナーを行う場合、実際求人をしている企業が参加していることも多いようです。
ハローワークなどでは、介護に関する仕事につく人が多くなるようにと転職支援を行っていることもあります。
自治体だけでなく、地方の商工会議所が主催する説明会や就職フェアもあり、様々な支援を通じて人材不足の解消を図っています。
IT関係や外資系の企業の場合、求人に関する最新情報を手に入れる機会が少なく転職が進まないことがあります。
セミナーや説明会で相手企業と言葉を交わすことによって、転職先が見えてくる場合もあります。
今はまだ退職の予定が具体的に決まっていないとしても、転職支援のセミナーに行って情報を集めるという考え方もあります。
転職サイトとエージェントの特徴!利用しやすいのは?【併用すべき?】