どうして自営業だと住宅ローン仮審査に落ちやすい?

本来であれば誰だってマイホームを持ちたいものです。
ですが現実として自営業の人が仮審査に落ちやすい傾向にあるため、実際問題住宅ローンを組めない現実があります。
なぜ自営業の人は仮審査に落ちやすいのでしょうか?この問題を見るためには住宅ローンの審査について知る必要があります。
住宅ローンの審査は人間性を見られる審査と言われています。
人間性とは決められた期日までに税金を納めているかなど、そうした点を総合的に見る材料として利用されます。
例えば何かしらの滞納があったりするとその人は審査落ちしてしまう可能性があるわけですが、この点に関しては自営業関係なしに申込者全員に共通する部分だと言えます。
ではどうして自営業者の方が審査落ちしやすいのでしょう?それはやはり所得が不安定という点にあります。
貸出側が一番恐れるのがローンを払えなくなったというケースです。
するとどうしても所得の不安定さはマイナス要素となるため、自営業者の方が審査時に落ちやすい傾向にあるわけですね。
よって自営業者はSBI住信のような比較的審査の甘い所で申込を検討してみると良いでしょう。
新生銀行住宅ローン審査に通るのは難しい?基準甘い?【審査のコツ】