住宅ローンの審査が甘い銀行の口コミって?おすすめはどこ?

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。
一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。
金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、合計で計算することで、全体像が見えてきます。
具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。
万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。
何があるか分らないので、把握しておきましょう。
今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。
辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。
勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。
夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。
ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。
その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。
その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。
良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。
物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。

住宅ローン審査甘い銀行は?おすすめはココ【審査に通らない理由】